• 好きを見つけ 生きるがまなべる 第2のわがや

    日吉駅から徒歩15秒の場所に、新しく保育園を開園致します

  • 最新のお知らせ

    現在、10月以降の入園募集中です。

  • わたしたちの考え方

    保育園ってどうあるべき? どうあって欲しい?

    「子ども」にとって

    保育園とはどうあるべきか??

    子どもの可能性を、最大限伸ばす為には?

     

    保育と教育は違うもの

    保育園と幼稚園は違うもの


    預かってもらっているだけで有難いのだけど

    ただ預かってもらっているだけではもったいないとも思ってしまう

     

    子どもの可能性は無限大

     

    この0歳から5歳までの貴重な時間を

    存分に有効活用してほしい

    「親」にとって

    保育園とはどうあるべきか??

    もちろん、子どもといつも一緒にいたいけど…

     

    子どもを保育園に預けて働いてきて
    もちろん預かってもらえるだけで有難いのだけれども
    親と一緒にいることが大事なのだと思うけれども

    「仕事を終えたら早く迎えに来て欲しい」と言われる


    仕事を終えて、息つく暇もなく保育園に駆け込み

    子どもを迎えにいった足でスーパーで買い物をし、

    家に帰ってご飯を作りつつ子どもをお風呂に入れ、

    ご飯を食べさせた後、布団でトントン寝かす

     

    この怒涛の流れをどれだけわかってくれているのか?

     

     

    親だって一人の人間で、一人の時間も欲しい

     

    ぐっすり寝られる時間が欲しい

    ゆっくりご飯が食べられる時間が欲しい

    美容院に行ったり、買い物をする時間が欲しい

    もっと働く時間が欲しい

     

     

    それって贅沢ですか?

    「地域」にとって

    保育園とはどうあるべきか??

    あまり接点が無い保育園

     

    子どもは未来の宝です

    どんな人も子ども時代がありました

     

    泣きわめいたり、急に飛び出したり

    迷惑な存在として見られてしまいがちですが

     

    子どもにとって地域との関わりは大切ですし

    地域にとっても子どもの存在は

    かけがえのないものだと思います

     

     

    子どもの無尽蔵のエネルギーを

    あなたの経験と交換することはできますか?

    「保育士」にとって

    保育園とはどうあるべきか??

    子どもと接する保育士が安定して働く為に

     

    2015年10月時点で、厚生労働省がまとめたデータによると、

    保育士登録者数は約119万人、勤務者数は約43万人であり、

    潜在保育士(保育士資格を持ち登録されているが、 社会福祉施設等で勤務していない者)は約76万人いるとされています。

     

    子ども達にとっての親代わりの保育士が、長く一緒にいれないとしたらどうでしょうか??

     

    幼児期という、成長上大事な時期に、多くの時間を共にする保育士は、ただ子どもの面倒を見ていれば良いという存在では無いと思います。

     

    もちろん、知識やスキルを身につける必要はありますが、より幼児期の保育・教育のプロフェッショナルとしての地位を築いていくべきだと感じています。

    親・保育士・地域の三位一体で子どもを育てる仕組み作り

    親だけでもツライ、保育士だけでもツライ…

     

    こどもを育てていく中で、親にどうしても負担がかかってしまいます

     

    その負担を保育士、地域で補う場として、保育園がハブになれればと思っています。

     

    親のサポートを保育士と地域で、保育士のサポートを地域の力を借りて、三位一体で子どもを育てていく仕組みを作っていきます。

    こどもがHappyであるために

    保育園の主役はこどもであるべきだけど…

     

    保育園の主役はこどもです。

     

    だけど、こどもがHappyである為には、

     

    お母さん、お父さんがHappyである必要があります。

    保育士がHappyに働いている必要があります。

    地域の人たちとHappyに関わっていく必要があります。

     

    全てはこどもの為に、親、保育士、地域をHappyにしていきたいと思っています。

    「まなび家」に込めた思い

    子どもも、親も、一緒に学んで成長していけるHomeとして

     

    子ども0歳で親0歳、子ども3歳で親3歳。

    子どもの成長とともに、親も親として成長していきます。

     

    ただ、核家族化した昨今だと、親としてどうあるべきか?を

    誰からも教えてもらえません。

    また、保育園に子どもを預けている間、横のつながりや縦のつながりを作っていく時間は、ほぼありません…。

     

    子どもが、ただ遊んでいるだけでなく、第2の我が家のようなアットホームな空間で、運動から勉強、遊びまで総合的にバランス良く学べる場でありたい。

     

    また、親にとっても、どう子育てしていったら良いか?を学べる場でありたいと思っています。

  • アクセス

    東急東横線・横浜市営地下鉄 日吉駅より徒歩15秒です

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

    All Posts
    ×